FXの仕組みについて - FXの仕組みについて

FXの仕組みについて

FXの正式名称は外国為替証拠金取引です。

 

一方、外貨預金とは日本円を各国の通貨に両替をしこの外貨を預金します。 預金をすることで、利息をもらうことができるのでこの利息を地道に貯金することで利益を得ます。

 

この利息を貯金する外貨投資に対してFXは外貨を売買して利益を得ます。

 

為替差損益が生じるときがありますが、外貨預金とは違って売買による外貨の値上がり、 値下がり益を得る取引なので利益が生じた場合には、預金利息以上の利益を得ることができます。

 

そのため、FXの場合は取引という言葉を利用するのです。

 

FXでよく耳にする証拠金。 これは、担保となるお金のことでこの証拠金を預けることによって、10倍、20倍規模の取引をすることができます。 少額の証拠金でもレバレッジの倍率によって多額の資金運用をすることができます。 一方、高い倍率を選択することにより、リスクも大きくなってくるので、注意をしなければいけません。

 

FXはこうした仕組みになっているため、他の投資と比較をしても簡単に、早く利益を得ることができる方法の1つです。

 

FXには色々な用語があるので基本的なものはしっかりと覚えておくようにしましょう。